Acoustic Asturias

 

PROFILE

アコースティック・アストゥーリアス

1987年ごろ、作 / 編曲家 / マニピュレーターの大山曜が多重録音でデモテープを制作したのが始まり。
津田治彦(G)(ex.新月)、花本彰(Key)(ex.新月)、桜井和美(Dr)(アフレイタス)、上野洋子(ゲストVo)(ex.ZABADAK)といったメンバーを集め、ユニット名「アストゥーリアス」として1988年11月、プログレッシブ・ロックのレーベル、キングレコード・クライムレーベルより1st Album「サークルインザフォレスト」を発表。サウンドは打ち込みを中心とした多重録音に生楽器がからむインストゥルメンタルで、プログレ畑だけでなくニューエイジ・ミュージックとしても評価され、「日本のマイク・オールドフィールド」と評されていました。
1990年2月、2nd Album「ブリリアントストリームス」、1993年11月、3rd Album「クリプトガムイリュージョン」を発表し、一部海外でも評価されるものの、活動を停止。

その後も1999年11月、3枚のアルバムから抜粋されたベストアルバム「静寂の湖水」がヒーリング・ミュージック / 癒し系の企画としてリリースされるが、主だった活動はしないまま10年が過ぎてしまう。プログレ・マニアの間では伝説のプログレ・ユニットとして、廃盤となった過去のアルバムは貴重盤としてやりとりされている。

そして2003年、アコースティック路線にメンバーを一新、活動を再開した。2004年1月ミニアルバム「Bird Eyes View」のリリース、復活ライブ、廃盤となっていた旧タイトルの再発、と10年ぶりの活動再開は一部国内外で注目を集めている。
2004年3月、新編成にて「NTT東日本・Lモード・富良野篇」のCM音楽を担当。アコースティック編成を生かし、CM、ドラマ、映画、ゲーム等、そのフィールドを積極的に広げている。

元々、多重録音派の音楽のため、ライブでの再現が難しく、ライブ回数が極めて少ないユニットだったが、2004年に行った数回のライブは大好評のうちに終了。癒し系にそぐわない(?)スリリングな演奏が話題を呼び、2005年4月、メキシコで毎年行われている世界最大のプログレ・フェスティバル “BajaProg2005”にも招かれ出演、大喝采を浴びる。メキシコでの好評を受けて、2006年5月にはヨーロッパ最大のプログレ・フェスティバル “ProgSud”にも出演が決定!それを含めたイタリア・フランスツアーも行う。

今後も、クラシックの室内楽にも通じる、シンプルな編成で究極のリラクゼーション・ミュージックをより多くの人たちに届けられるよう、精力的にライブ活動をしていく。

[ メンバー・プロフィール]
大山 曜(作 / 編曲家、マニピュレーター、ギター、ベース)

1985年、作 / 編曲家 / マニピュレーターとしてキャリアをスタート。以後、アーティストのサポート、楽曲提供、BGM製作と幅広く活動。
1987年、自らのユニット「アストゥーリアス」を結成し、キングレコードより4枚のアルバムを発表(うち1枚はベストアルバム)。「アストゥーリアス」はプログレ、ニューエイジ系の独自のサウンドをもつインストゥルメンタル・ユニットとして海外でも高い評価を受けた。
2004年、「アストゥーリアス」をアコースティック編成にて再結成。ミニアルバムのリリース、復活ライブと10年ぶりの活動再開は国内外で注目を集めている。

筒井香織(作 / 編曲家、クラリネット奏者)

4歳よりピアノを、小学校で器楽合奏、12歳よりクラリネットを始める。
高松一高・音楽科を経て1996年武蔵野音楽大学・器楽科、98年同大学大学院・音楽研究科修了。在学中、同大学及びよんでん文化振興財団より奨学金を賞与。
オーケストラ、ソロ、室内楽などで国内外の演奏会や音楽祭に多数参加。師の招聘でハンガリーにてエステルハージ・シンフォニアとコンツェルトを共演、NaxosレーベルよりCDを世界主要都市にて発売される。これまでにクラリネットを石川孝司、カールマーン・ベルケシュの各氏、室内楽、和声法などを諸氏に師事。

川越好博(作 / 編曲家、ピアノ、キーボード)

1970年8月14日、北海道小樽市生まれ。
4才くらいからピアノを始め、高校生になるまでクラシック一筋。高校で一時音楽から離れたのち、大学時代は多くのバンド活動に明け暮れる。大学卒業後、就職のため上京。システム技術者として海外に飛ばされる日々。
2003年退社し、作曲・演奏活動開始。2004年、アコースティック・アストゥーリアスに参加。

伊藤恭子(バイオリン奏者)

愛知県立芸術大学・音楽学部、同大学院を経て米国エール大学大学院修了。
愛知県立芸術大学在学中には定期・卒業演奏会に出演、また高松交響楽団、高松ジュニア・フィルハーモニック・オーケストラ、テレマン室内管弦楽団と共演するなど数々の演奏会にソロで出演。よんでん文化振興財団奨学生、同財団海外奨学援助者、愛知大幸財団・丹羽奨励賞、エール大学大学院音楽科奨学金、同大学A.A.カヴァラロ奨学金受賞。
2002年に帰国し、東京にてリサイタルを行うなど、ソロ、スタジオ・レコーディング、オーケストラ、室内楽と幅広く活動している。田村彰夫、吉川安子、外山滋、竹内民男、福崎至佐子、瀬戸瑶子、ミヒャエル・ヴァイマン、エリック・フリードマンの各氏に師事。